ゼファルリンでEDを改善できるのか?

ゼファルリン ed

EDとは?

EDとは、「勃起機能の低下」を意味し、英語で「Erectile Dysfunction」ということから、EDと呼ばれています。日本語で言えば、「勃起障害」あるいは「勃起不全」と訳されます。

EDというと、完全に勃起ができない状態、ととらえがちですが、実はそうではないのです。勃起障害という言葉からわかるように、勃起に時間がかかったり、勃起しても途中で萎えてしまったりして、満足のいく性交ができない・・・と感じる人は、いずれも EDの疑いがあります。

勃起障害というと抽象的な概念だからわかりづらいですが、より具体的に言えば、「性交時に十分な勃起やその維持ができずに、満足な性交が行えない状態」と言えるでしょう。

EDの兆候を知る

EDの兆候がわかれば、もっと事前に対策を打てる筈。

もっとも、わかりやすいEDの兆候とは、朝立ちの減少と言えるでしょう。

もちろん、体調によって調子の悪い時、良いときがあると思いますが、学生時代のよりは明らかに朝の勃起が減ったな!?と納得される方も多いと思います。

20代の方なら週に4、5回は朝立ちするのが普通ですが、それが1、2回になったら、EDの兆候が出てきていますので、生活習慣を改めるべき時が来たと言えるでしょう。

ほかの兆候として、30代の方で既に加齢臭が気になり始めた!ということであれば、これもEDの兆候といえるでしょう。

EDの兆候は、朝の勃起の回数が減ることと、若いのに加齢臭が気になり始めることが上げられます。

40歳超えるとEDになる?

男性は40歳くらいから徐々に男性ホルモンが減ってきます。男性の更年期症状は女性と変わらず、「のぼせ」「息切れ」「原因不明の体調不全」「メランコリックな気分」「寝つきが悪い」「性欲減退」、それから「ED」です。

ですから、男性ホルモンの減少とともに、EDになりやすいというのは確かなようです。

EDになってしまう年齢

EDは、日本人成人男性の4人に1人の割合でいると言われています。50代以上は、2人に1人という割合です。

これを聞くと、「なるほど、年を取らない間は、EDにはならないんだ!」と思いがちですが、最近は、20代、30代のEDの方が非常に多くなっていると言われています。その原因は、やはりストレス。

ストレスが原因だと、若くてもEDになるということです。

EDの原因

勃起のメカニズムを軽く説明すると、性的刺激が脳からの信号により、神経を介して陰茎に伝わると、陰茎海綿体(いんけいかいめんたい)の動脈が大きく拡がり血液が流れ込みます。これが正常に勃起している状態です。

血管自体に動脈硬化などの障害がある場合には、陰茎海綿体(いんけいかいめんたい)の動脈が拡がらないため、十分な量の血液が流れ込まず、勃起が起こらない、あるいは満足な勃起が得られないという症状をもたらします。

糖尿病、高血圧、高脂血症などの生活習慣病にかかると、EDになるリスクが高くなるのはこのためです。

EDの原因は。動脈硬化など、ペニスにある動脈が十分に広がらないため、血液が流れ込まないことにあります。

そもそもEDは、ストレスが原因の『心因性』と、血管がダメージを受けている『器質性』、加えてその複合型の3種類に分けられます。若年性の場合は、圧倒的に心因性が多いんです

心因性の場合、いざ挿入する間際になって、『前回はここで萎えてしまったからまた萎えるかも』というプレッシャーで、EDが再現してしまいます。EDというのは、全然勃起しないことを指すのではなく、一番多いパターンは途中で萎えてしまう中折れです。

抗うつ剤でEDになることも

若年性EDは、仕事のストレスやセックスのプレッシャーなど、心因性のものがほとんどですが、最近はさらに、心因性に加えて抗うつ剤による『薬剤性ED』も増えているといいます。

最近は、若年層の自殺者が増えていることもあり、病院側もすぐ抗うつ剤を処方する。その副作用でEDになるケースです。

EDの対策・改善法

EDを薬で治療する場合、治療薬は3種類。どの治療薬が効果が出るのかは、人によって差があるため、最初は全部の薬を試して、ベストな薬を探す方法をとるそうです。また、効きにくい場合は、投与時間が違う2種類を併用する方法もあるとか。効果が1日半のシアリスを前日に飲み、性交の直前にバイアグラを服薬するというものです。

ただ、どちらにしてもED治療薬はかなりの副作用を持つので、治療薬を試すときは、副作用の説明を受けて、それでも必要だと思った場合にすべきでしょう。

また、治療薬以外でも、勃起を補助するペニスリングや、 シリコンの棒をペニスに入れる方法もあるそうです。

かなり怖い治療法ですが、セックスをする対処法はあるようです。

ゼファルリンでEDの症状を改善できるのか?

治療薬で、治療はできるようですが、やはり副作用が怖い。
その場合は、重度のEDでなければ、ゼファルリンを試しに使ってみるのはどうだろうか?

筆者は、EDではないので、無責任なことは言えないが、今まで朝の勃起などほとんど感じられなくなった状態から、ゼファルリン飲むようになってから、朝の勃起は相当の確率で起こるようになっています。

軽度のEDでであれば、副作用の怖いED治療を飲む前に、ゼファルリンの継続使用を試してもらいたいと思います。

ゼファルリンED
ゼファルリンED

シェアする